2008年11月25日

消費者金融の利用者。上限金利が変化。・・・など思うこと

消費者金融の利用者
消費者金融を利用している人は、全国で1,400万人いるそうです。人によっては、複数のところから借り入れをしている人もいます。その中でも返済することが難しくなってしまっている「多重債務者」と呼ばれる人たちが数百万単位でいるようです。連帯保証人を頼まれた人がこのような人だと大変ですね。

上限金利が変化
消費者金融やキャッシングなどの上限金利は2006年末の貸金業法改正により、年利15〜20%と明確になりました。また、出資法によると29.2%が上限です。昔は、もっと高金利が法律でも認められていました。借金はどんどん借りる側に有利になってきているようですね。

借金の無料相談
借金に苦しむ人は、世の中にたくさんいます。多重債務者の問題は社会問題として取り上げられ、対応が検討され、実際に具体的な施策が実施されています。その一環として、借金の無料相談も幾つかの期間で実施しています。借金を一人で悩まず、こうした無料相談を上手く利用したいですね。

消費者金融の破綻
消費者金融で会社更生法や民事再生法の手続きに入る会社が結構あります。貸金業法の改正による規制強化や過払い金返還がかなり経営を圧迫しているようです。ところで、過払い金を返還を請求している会社がこうなってしまうと、辛いですね。取り戻せる金額がかなり制限されてしまいますからね。

しちゃいけない借金
借金には、していい借金と、しちゃダメな借金があります。人によってその判断基準に甘辛があります。この基準を誤ると、多重債務で困ることになります。多重債務にならないまでも、不要な金利支払いで、収入の割りに質素な生活を強いられることにもなりかねません。借金の判断基準のチェックは大事ですね。



クレジットカードとローン〜長野県須坂市
posted by れん at 07:17| Comment(31) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

過払い金の返還には分割も。借金整理の専門家への報酬。・・・など思うこと

過払い金の返還には分割も
過払い金が認められて返金される際に分割払いとなる場合もあります。必ずしも一括返還というわけではありません。返金をする貸金業の会社がつぶれてしまっては過払い金の戻らない分が多くなってしまいますので、分割を認めるというのも手ですね。相手金融会社の状況を見ながら交渉が必要です。この辺の見極めは専門家にお願いしたいですね。

借金整理の専門家への報酬
借金整理の専門家というと、司法書士や弁護士がいます。借金整理に当たって、最初は無料相談などで相談してもらっても、実際に借金整理を専門家に依頼することになれば、その借金整理について専門家に報酬を支払うことになります。借金整理によるメリットは大きいので、それには変えられませんが、結構大きな額を支払うことになりなます。ちなみに、頼むところによって報酬額は違うようです。

過払い金と会社更生
過払い金返還がものすごく多くなり、経営が悪化し、会社更生などを行う金融会社もあるようです。そのような金融会社からは、例え過払い金があっても、変換してもらえる可能性や額が低くなってしまいます。過払い金返還は早い者勝ちの側面もあるようです。のんびりできませんね。

過払い金返還に着手する人
借金の返済に苦しみながらも、借金整理に踏み出す人はかなり少ないそうです。借金整理さえ決意すれば、過払い金返還などによって、かなり返済額が圧縮されたり、場合によってはお金が戻ってくるかもしれないのに、借金整理に踏み出す人は限られています。借金で悩んでいる人のなかで1割くらいしか、借金整理をしていないんじゃないかという見方もあるようです。もったいないですね。

多重債務問題と連帯保証人
多重債務問題の話題が最近ホットです。上限金利引き下げや過払い金返還などを背景に、ローンやキャッシングの審査が厳しくなってきているようです。その影響で、資金繰りがうまくいかずに、借金の整理に追い込まれている人も少無くないようです。自分が連帯保証人になっている人は、大丈夫でしょうか?一度確認したほうがいいかもしれません。

・・・クレジットカード
posted by れん at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

借家と連帯保証人。借金整理と一ヶ月。・・・など思うこと

借家と連帯保証人
連帯保証人という制度は借家にもあります。借家の際に、連帯保証人が必要というものです。この場合の連帯保証人は勤務先の会社や身内の人がなることが多いと思います。借家にも連帯保証人が必要というのは、貸す側にはいいかもしれませんが、借りる側には面倒な制度ですね。

借金整理と一ヶ月
借金整理を専門家(弁護士)に依頼した場合、一ヶ月程度の時間が必要ということでした。その間に、その専門家から貸金業者に入った旨の通知をしたり、明細な取引履歴を貸金業者から取り寄せたり、適切な上限金利に基づいて借入残高の計算をしたり、過払い金がある場合にはその返金についての交渉をしたりするそうでした。過払い金の状況しだいもありますが、うまくいけば、一ヶ月程度で借金が整理できるかもしれません。

アイフルの犬
消費者金融大手のアイフルのテレビCMに登場した犬が話題になりました。アイフル犬とも呼ばれすごい人気となりました。アイフルのこのテレビCMはシリーズ化されて、いろいろなバージョンがありましたが、貸金業法改正など規制強化の流れの中で見かけなくなってしまいました。

過払い金と訴訟
過払い金の返還について、金融会社との折り合いが付かない場合は訴訟になります。そんなときは、専門家にお願いしていると心強いです。過払い金を支払う金融会社側でも台所事情が厳しいようで、なかなか満額返還とはいかないようです。過払い金返還、簡単ではないですね。

連帯保証人を断りにくい人
借金などで、連帯保証人を頼まれて、すぐ断れる人であれば、問題は難しくないですね。断りにくい人から連帯保証人を頼まれると、いろいろ悩んでしまいます。よくお世話になっている人や、親兄弟、特に親しい友人や後輩、部下などなど。その後の関係もありますし、慎重な対応が必要ですね。



自動車の無料査定
posted by れん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

過払い金と連帯保証人。おまとめローン。・・・など思うこと

過払い金と連帯保証人
借金の任意整理で過払い金が返還されることになった場合、連帯保証人はどうなるのでしょうか?どうもなりません。任意整理で過払い金が発生するということは、借金がなくなるので、連帯保証人はとくに支払いを求められることは無くなります。任意整理で過払い金が戻ってくるという結果は、連帯保証人にとっても安心できる結果ですね。

おまとめローン
おまとめローンは、多くの金融機関から借りているローンやキャッシングなどを、名前のとおり、幾つかまとめて借りかえるローンです。金利的にメリットがある場合があったり、事務手続きが一本化されるなどいい面もありますが、借金には変わりありませんので、利用にあたっては十分納得して利用する必要があります。

任意整理での業者選択の方法
任意整理で借金について専門家に依頼する業者を選ぶときに、依頼費用以上に過払い金や借入残高が圧縮される会社を選びたいところです。でも、その選択は自分ですることのようです。専門家に見積もりをお願いできるといいのですが、着手しないと得られない情報もありますからね。業者選定のいい方法が欲しいですね。

過払い金の目減り
過払い金は任意整理を通じて返還を請求する事が多いですが、過払い金を請求額どおり満額返してもらえるかどうかは、請求相手の会社によって異なるようです。多くの場合で過払い金の返還額は目減りします。交渉段階での割り引きや、専門家への手数料、手続きの諸費、・・・いろんな形で目減りしてしまいます。

頭と感情の理解の差
「頭では分かっていても、そうしたくない」というセリフはよく聞きます。頭と気持ちって理解に時間差がありますよね。時間差だけじゃなく、頭ではわかっても、気持ちじゃ絶対に納得できないということもあるようです。借金とか、連帯保証人とかの問題って、こういうことってよくありそうです。


posted by れん at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

借金整理うまくいくと。借金返済のための借金。・・・など思うこと

借金整理うまくいくと
過払い金返還などにより借金の整理がうまくいくと、借金がチャラになるばかりか、払いすぎた分のお金が戻ってくるなど、それまでの返済生活とは一転した結果が待っています。返済が長ければ、長いほど、そのギャップは大きいです。戻ってくる額に驚くこともあります。自分の借金、一度見直してみたいですね。

借金返済のための借金
月々の借金返済のために、新たな借金をする状態になっている人がいます。そうなってくると、月々の返済のことで頭がいっぱいで、借金全体の増減まで頭がまわっていない場合があります。この場合、借金整理も考えるべきなのでしょうが、負債者本人は借金整理という選択肢に気づいていなかったり、かたくなに拒んだりすることがあります。

任意整理での業者選択
任意整理の場合、借金整理する業者を選択することができます。専門家に借金整理を依頼する場合、会社ごとに報酬を支払わなければならなかったりしますので、どの業者の借金について専門家にお願いするかを選択する必要が出てきます。過払い金や適正金利による借入残高の圧縮の大きいところから選びたいところです。

過払い金と借金苦からの開放
多重債務に苦しみ、任意整理を通じて過払い金を返還してもらう人が結構います。過払い金は、文字通り払い過ぎたお金ですので、借金と相応の利子を払ったうえで、さらに余計に払いすぎたお金です。過払い金の返還や、上限金利での金利の再計算で債務残高の圧縮で、多くの人が借金苦から開放されています。

破産と連帯保証人
負債者が破産手続きをすると、連帯保証人にその負債が回っていく事を恐れて、負債が身に余っても、なかなか破産手続きや債務整理に手をつけられないという人は少なくないようです。連帯保証人に迷惑をかけたくないという心理から、債務整理が遅れると、問題がどんどん大きくなって、結局は連帯保証人より大きな迷惑をかけてしまうという結果になりかねないです。適切な判断が必要ですね。

posted by れん at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

過払い金返還での難しい選択。しちゃいけない借金。・・・など思うこと

過払い金返還での難しい選択
消費者金融との過払い金返還の交渉で難しい選択を迫られるときがあります。例えば、請求額に対して半分以下の返還についてしか回答がもらえない場合、その回答を受諾するか?相手消費者金融の口座や資産を差し押さえするか?という場面もあったりします。差し押さえの場合、その口座にお金が入っていなかったり、他の債権者も差し押さえを行った場合など、結局お金を取れない可能性もあるとか。難しいですね。

しちゃいけない借金
借金には、していい借金と、しちゃダメな借金があります。人によってその判断基準に甘辛があります。この基準を誤ると、多重債務で困ることになります。多重債務にならないまでも、不要な金利支払いで、収入の割りに質素な生活を強いられることにもなりかねません。借金の判断基準のチェックは大事ですね。

連帯保証人という制度
連帯保証人という制度は日本独特の制度だと聞いた事があります。保証人という考え方は、日本的な文化や習慣に根ざしたもののようです。保証人という制度は貸す側にはとても都合がよく、一方で借りる側や保証人を引き受ける側にはあまり都合がよくないように見えますね。

気軽な借金要注意
気軽にお金を借りられるサービスがいろいろあります。借りるとき、簡単にお金が借りられるので、便利ですが、その便利さが仇になることもあります。ちゃんと、返済のことを具体的に考えておかないと、返済が滞り、利息がどんどん増えていくことになりかねません。簡単に借りられる場合でも、ちゃんと返すときのことを考えましょう。

理不尽な制度
連帯保証人という制度は、日本の昔からの習慣に根ざした制度のようです。それにしても、連帯保証人って自分で借りたお金でもないのに、場合によっては負債者になり代わってその借金を返済しないといけないのですから、ある意味理不尽な制度ですよね。制度がなければ、もしくは制度が禁止されていれば、連帯保証人で悩む事はなくなるんですがね。


posted by れん at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

消費者金融改善命令080516。多重債務問題と連帯保証人。・・・など思うこと

消費者金融改善命令080516
2008年5月16日消費者金融準大手の三和ファイナンスと、大手の武富士に悪質な取立てなどに関する業務停止と業務改善を命令したようです。悪質な取立ては、だんだんなくなっているものと思っていましたが、まだあるんですね。他の消費者金融はどうなんでしょうね。

多重債務問題と連帯保証人
多重債務問題の話題が最近ホットです。上限金利引き下げや過払い金返還などを背景に、ローンやキャッシングの審査が厳しくなってきているようです。その影響で、資金繰りがうまくいかずに、借金の整理に追い込まれている人も少無くないようです。自分が連帯保証人になっている人は、大丈夫でしょうか?一度確認したほうがいいかもしれません。

上限金利が変化
消費者金融やキャッシングなどの上限金利は2006年末の貸金業法改正により、年利15〜20%と明確になりました。また、出資法によると29.2%が上限です。昔は、もっと高金利が法律でも認められていました。借金はどんどん借りる側に有利になってきているようですね。

過払い金で多額報酬請求
消費者金融の元会社員が、多重債務者に過払い金返還請求を促し、弁護士を紹介したことで、その多重債務者に多額の報酬請求をしたということが起こっているようです。過払い金返還に関して、多重債務者がこのこような支払いをする必要は無いようですので、こういったことがもしあれば、それも含めて弁護士に相談した方がいいようです。

借金の落とし穴
利子が利子を生む借金は、増えてくると雪だるま式に増えていきます。場合によっては、借主が手におえないほど大きな金額へと膨れ上がることも少なくないです。借主は、月々の支払いが大変なため、そこに集中することになり、借金全体額を把握する事が難しくなります。そして、借金で借金を返す自転車操業が続くわけですね。



海外旅行直前の英語準備|
posted by れん at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

消費者金融のCM。連帯保証人を断りにくい人。・・・など思うこと

消費者金融のCM
消費者金融のテレビCMがかなり減りました。ゴールデンと呼ばれる時間帯に消費者金融のテレビCMを見ることはなくなりました。以前は、話題のCMを次々生み出してきた消費者金融業界ですが、貸金業法改正に伴う規制強化によってテレビCMにも規制が及んだ結果です。

連帯保証人を断りにくい人
借金などで、連帯保証人を頼まれて、すぐ断れる人であれば、問題は難しくないですね。断りにくい人から連帯保証人を頼まれると、いろいろ悩んでしまいます。よくお世話になっている人や、親兄弟、特に親しい友人や後輩、部下などなど。その後の関係もありますし、慎重な対応が必要ですね。

借金整理の専門家への報酬
借金整理の専門家というと、司法書士や弁護士がいます。借金整理に当たって、最初は無料相談などで相談してもらっても、実際に借金整理を専門家に依頼することになれば、その借金整理について専門家に報酬を支払うことになります。借金整理によるメリットは大きいので、それには変えられませんが、結構大きな額を支払うことになりなます。ちなみに、頼むところによって報酬額は違うようです。

借金の無料相談
借金に苦しむ人は、世の中にたくさんいます。多重債務者の問題は社会問題として取り上げられ、対応が検討され、実際に具体的な施策が実施されています。その一環として、借金の無料相談も幾つかの期間で実施しています。借金を一人で悩まず、こうした無料相談を上手く利用したいですね。

過払い金と税金
過払い金返還を利用して税を回収する動きが出ているようです。国や自治体が税滞納者の取引履歴を消費者金融業者に対して請求して、本人になり代わって過払い金を取り戻し、税収に当てようとする狙いです。過払い金を差し押さえるとはすごい技ですね。びっくりです。



路面付近の高温(照り返し/放射熱)vsベビーカー
posted by れん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

消費者金融の破綻。頭と感情の理解の差。・・・など思うこと

消費者金融の破綻
消費者金融で会社更生法や民事再生法の手続きに入る会社が結構あります。貸金業法の改正による規制強化や過払い金返還がかなり経営を圧迫しているようです。ところで、過払い金を返還を請求している会社がこうなってしまうと、辛いですね。取り戻せる金額がかなり制限されてしまいますからね。

頭と感情の理解の差
「頭では分かっていても、そうしたくない」というセリフはよく聞きます。頭と気持ちって理解に時間差がありますよね。時間差だけじゃなく、頭ではわかっても、気持ちじゃ絶対に納得できないということもあるようです。借金とか、連帯保証人とかの問題って、こういうことってよくありそうです。

借金整理と一ヶ月
借金整理を専門家(弁護士)に依頼した場合、一ヶ月程度の時間が必要ということでした。その間に、その専門家から貸金業者に入った旨の通知をしたり、明細な取引履歴を貸金業者から取り寄せたり、適切な上限金利に基づいて借入残高の計算をしたり、過払い金がある場合にはその返金についての交渉をしたりするそうでした。過払い金の状況しだいもありますが、うまくいけば、一ヶ月程度で借金が整理できるかもしれません。

過払い金と会社更生
過払い金返還がものすごく多くなり、経営が悪化し、会社更生などを行う金融会社もあるようです。そのような金融会社からは、例え過払い金があっても、変換してもらえる可能性や額が低くなってしまいます。過払い金返還は早い者勝ちの側面もあるようです。のんびりできませんね。

借金苦でも多重債務問題には意外に関心薄
多重債務に陥って、借金の返済のための自転車操業や、借金返済に奔走している人でも、意外に最近の多重債務問題に関する施策や対策に関心が薄い人が多いようです。まるで他人事のように思っている人も少なくないです。それだけ、借金返済が大変で、他に関心を持つ余裕がないということでしょうか。

posted by れん at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

過払い金返還に着手する人。破産と連帯保証人。・・・など思うこと

過払い金返還に着手する人
借金の返済に苦しみながらも、借金整理に踏み出す人はかなり少ないそうです。借金整理さえ決意すれば、過払い金返還などによって、かなり返済額が圧縮されたり、場合によってはお金が戻ってくるかもしれないのに、借金整理に踏み出す人は限られています。借金で悩んでいる人のなかで1割くらいしか、借金整理をしていないんじゃないかという見方もあるようです。もったいないですね。

破産と連帯保証人
負債者が破産手続きをすると、連帯保証人にその負債が回っていく事を恐れて、負債が身に余っても、なかなか破産手続きや債務整理に手をつけられないという人は少なくないようです。連帯保証人に迷惑をかけたくないという心理から、債務整理が遅れると、問題がどんどん大きくなって、結局は連帯保証人より大きな迷惑をかけてしまうという結果になりかねないです。適切な判断が必要ですね。

おまとめローン
おまとめローンは、多くの金融機関から借りているローンやキャッシングなどを、名前のとおり、幾つかまとめて借りかえるローンです。金利的にメリットがある場合があったり、事務手続きが一本化されるなどいい面もありますが、借金には変わりありませんので、利用にあたっては十分納得して利用する必要があります。

アイフルの犬
消費者金融大手のアイフルのテレビCMに登場した犬が話題になりました。アイフル犬とも呼ばれすごい人気となりました。アイフルのこのテレビCMはシリーズ化されて、いろいろなバージョンがありましたが、貸金業法改正など規制強化の流れの中で見かけなくなってしまいました。

多重債務問題の専門家
多重債務問題の専門家というと弁護士です。弁護士というとなんとなく、大げさなイメージがありますが、自分の借金や多重債務について相談する専門家というとまず挙げられるのが弁護士です。それから、司法書士もまた、借金問題に関しての専門家です。ということで、借金の専門家は弁護士か司法書士といったところですね。



〜配合成分でシャンプーを比較!〜ひかくシャンプー〜シャンプーと成分
posted by れん at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。